頑固なシミはシミ化粧品で消す!

シミ化粧品の美白成分がシミに働きかける!


頑固なシミはシミ化粧品で消す!



誰もが憧れる白くて綺麗な肌、そんな肌になりたいのにしみだらけじゃなかなか白くて綺麗な肌にはなれませんよね。 なのでまずはしみができたら徹底的に集中ケアをしてみましょう。
顔のシミ取り、レーザー治療のリスク

まずは完璧な洗顔です。 朝起きたら、目を覚ます意味でも洗顔しましょう。 そして夜こそ必ず化粧を落とすための クレンジングしてそれにプラスして美白パックをしましょう。

次に完璧な紫外線対策をしましょう。 紫外線から肌へダメージを受けると、美白どころか しみをつくる原因になってしまいますので 紫外線対策は徹底的に行いましょう。

次は十分な睡眠です。 寝不足だと肌の老化を促してしまいます。 十分な睡眠をとって肌のハリや若々しさを 失わないようにしましょう。

次に健康的な食生活です。 美白やしみに有効的なのはやはり野菜です。 緑黄色野菜にはβカロチンが豊富に含まれているので 美白にとても効果的なんです!

また。色の薄い野菜や、果物にはビタミンが 豊富に含まれているので抗酸化作用も期待出来ます。 特におすすめなのがいちごやキウイです。 このようなケアは数日だけではなく 最低でも2週間以上は続けるようにしてください。

これまでは自分が普段からできるケアですが レーザー治療やケミカルピーリングも効果的です。 もっと徹底してしみを綺麗にして美白を手に入れたいのならば 普段のケアにプラスしてレーザーやケミカルピーリングなどの 美容治療を受けてみると良いでしょう。

レーザー治療は短時間で綺麗にしみを 取り除くことが出来ますし、しみだけを ピンポイントに治療できますから 余計な細胞を破壊することはありません。

一方、ケミカルピーリングでは 老化した皮膚を除去することができるので 新しい皮膚の生成を急速に促すことが出来ます。 しみだけでなくくすみも改善するので美白効果は 高いですし、たるみやしわまでも改善できます。

また、毛穴の角質もおとすことができるので ニキビ予防にも効果的で美肌効果も期待できるのです。 普段のケアも治療も、どちらもしみを改善するだけでなく アンチエイジングや美肌にも繋がりますので できればしみを作ってしまう前に実行することがおすすめです。

老人性色素斑の原因と対策

 肌に紫外線を長時間受けると、そばかすのような小さなものや丸い形のシミが顔や手の甲、背中などにできてしまいます。  よく手の甲や首筋は年齢が現れやすいと言いますが、このシミがあることでさらに老けて見られてしまいます。

 このようなシミのことを老人性色素斑と言い、早い人で二十代後半からできはじめます。  この老人性色素斑ができやすい箇所は前述の通りですが、たとえば同じ顔の部分でも日光に当たりやすい箇所に多くできやすいようです。

 そして最初は小さなシミであっても、徐々に色合いが濃くなってしまうこともあります。  ですから、普段からシミを予防する対策を立てるだけでなく、シミができてしまいましたらそれ以上広がらないよう、濃くならないようしなければなりません。

 そもそもシミは、メラニンが肌の再生時に排出されず、色素沈着として肌にとどまった結果です。  比較的シミが小さな場合は、美白化粧品などで対処が可能です。美白化粧品に含まれている成分はハイドロキノンですが、最近は新安定型ハイドロキノンを配合されたものが主流になりつつあります。

 新安定型ハイドロキノンは、安全性はもちろん、有効性も証明されています。なにより肌への負担が少なく、成分も酸化しにくいというメリットがあります。  またシミは、シミに対して対策を講じるばかりではなく普段からの肌ケアも必要になってきます。

 なぜならシミは肌の表面に出ているものだけでなく、肌の奥に隠れているものもあるからです。  しかしシミができてから時間が経ったものや、広範囲に広がり色が濃くなってしまったシミに対しては、美白化粧品によるスキンケアだけでは対処ができません。

 その場合は、皮膚科やサロンなどによる施術を利用すると良いでしょう。  皮膚科では主にレーザー治療でシミに対処します。価格や施術方法はそれぞれの病院によって違いますので、納得するまで確認をしましょう。

 しかしレーザー治療もメリットばかりではなく、肌に対するダメージや痛みがあります。  また価格も高いことから、安易な選択で後悔しないように医師ととことん話し合いましょう。

↑ PAGE TOP