しみ・そばかすを予防する為に知っておきたいこと

シミは消すよりできない対策が大切


しみ・そばかすを予防する為に知っておきたいこと

肌のシミやそばかすは出来てしまってからではケアがとても大変です。最悪の場合大きく肥大化する事も考えられます。なのでシミ・そばかすが出来にくい状態にするためにも、日頃から予防をする事が大切です。

シミの大きな原因と言われる紫外線。 日頃から肌が紫外線を極力浴びないようにする事が必要になってきます。

「まだ若いしそんな神経質にならなくても大丈夫でしょ♪」

なんて紫外線を甘く見ていると後で後悔することになります。 決して油断してはいけません。 若いうちから紫外線からのダメージを軽減し、シミ・くすみ出来にくい肌を保つようにしましょう。

外出時の紫外線対策だけではなく、普段のスキンケアでもシミ・そばかすの予防は必要です。 肌の水分が失われた状態だとシミやそばかすは出来やすくなってしまいます。 乾燥した状態の肌は見た目にも影響します。 肌にたっぷりの水分を与えたり、その潤いを保てるような化粧品を使用し、保湿ケアを怠らないようにしましょう。

また肌の新陳代謝を正常な状態にするのも十分な対策と言えます。 シミの元となるメラニン色素は肌内部に長時間留まることで、やがて肌表面にシミとなって現れます。 このメラニン色素を長時間とどまらせないためには肌を生まれ変わらせる必要があります。

肌が生まれ変わることでメラニン色素は、一緒に剥がれ落ちていきます。 そのためにも新陳代謝が正常に働くようにする必要があるのです。 新陳代謝は保湿ケアをする事でも高める事が出来ますし、ビタミンCやプラセンタエキスが配合された化粧品を使用するのも効果的でしょう。

普段からケアはしっかりと行いたいものです。 そして食生活にも気をつけることが大切です。 栄養バランスを無視した食事や、夜ふかしなどで睡眠不足では肌は正常な状態を保つことはできません。 規則正しい食生活を心がけましょう。

シミやそばかすを予防するためには化粧品など外からのケアだけでなく、食生活にも気を付け内側からもケアし健康的な肌にする事も大切なんです。


どうして日焼け対策をするの?

夏が近づくにつれ日差しが一層強まり肌の日焼けを気にする時期に。 外出の際は日焼け対策怠らずしっかりと行いたいものです。 そもそもどうして日焼け対策をするのでしょうか?

日焼け対策を怠るとシミ・シワ・そばかすや、肌の老化の原因になる事をご存知の方は多いことでしょう。 一度出来てしまったシミなどを改善するのはとても大変です。 なので出来てからではなく出来ないようにする為にも日焼け対策をとても大切です。

特に女性の場合は色が白いとそれだけで綺麗で魅力的に見えるものです。 男性からも勿論ですが同性からも羨ましがれることは多いことでしょう。 日焼けを甘く見ていると、酷い場合は火傷のような症状を起こすこともあり、最悪高熱を出す原因にもなりかねません。

よく海から帰ってきた次の日は、全身日焼けで、触るだけで痛い・・・ なんて経験をした事がある方も多いのではないでしょうか? これは日焼け対策をせず、太陽の光を目一杯浴びてしまっている証拠。 男性の場合こんがり焼けてカッコイイなんて考えている方も多いかもしれませんが、実は危険な症状なのです。

太陽から発する紫外線は遺伝子にも影響するということをご存じでしょうか? 紫外線を浴び続けながら年を重ねることで、徐々に免疫が低下し様々な病気を引き起こしやすくなると言われています。

最悪の場合、皮膚がんになる可能性も。 そう考えると遺伝子にも影響する紫外線を、一日で全身焼けるまで浴びる事がどれほど危険なことか、お分かりいただけるかと思います。

また男性の場合であれば日焼け対策を行わないことで、薄毛の原因にも。 薄毛はストレスが原因だなんてよく言われているようですが、日光からの紫外線を浴び続けることでも薄毛になってしまいます。

だから「日焼け対策は女性がするもの」なんて考えは改め、男性も女性も関係なく日焼け対策を行う必要があります。 日焼け対策は特別なことをする訳でもなく、別に難しいものではありません。 ちょっとした意識と対策で肌は日焼けから守ることが出来ます。

今は何ともなくとも10年後、20年後になってから「あの時ちゃんと日焼け対策をしていれば・・・」なんて後悔をしないためにも日頃から十分な日焼け対策は行っていきたいものです。


日焼けを予防する為の基本的なこと

肌の日焼けは美白の大敵、しっかりと予防をし綺麗な肌を保ちたいものです。 日焼け対策と聞くと「夏」にするもの。 というイメージを強く持たれる方が多いかと思います。 ですが実は1年で紫外線量が最も多いのは、5月頃と言われています。

人体に影響を及ぼす紫外線には2種類あり、シミやそばかすの原因となるのが紫外線UVA。 肌の細胞を傷つけて皮膚がんなどの原因となる紫外線がUVBです。 5月に多い紫外線はUVAなので、美白を意識されるなら日焼け対策は5月からしっかりと行っておくのが良いでしょう。

もちろん7月8月も日焼け対策を行うことは大切ですので、忘れずにケアしましょう。 普段から出来る日焼け対策としては、

・日焼け止めクリーム
・日傘
・帽子
・サングラス
・長袖のシャツ

このあたりが基本的な日焼け対策と言えます。

日焼け対策と聞くと肌が露出している部分を集中的にケアしがちです。 ですが頭皮の日焼け対策ももしっかりしないと日焼けしてしまい、薄毛の原因となります。 頭皮は意外と見落としがちな部分ですがとても重要ですので、忘れずにしましょう。

日焼け対策として最も活用されているのは、やはり日焼け止めクリームなのではないでしょうか。 日焼け止めクリームに記載されている紫外線に対する防御機能は、一定の量を肌に塗布した状態得られるものです。 多くの方が恐らく表示されている量よりも少なめに、薄く塗られていることでしょう。

なぜなら実際に記載されている量で塗布すると、肌がかなり真っ白になってしまうからです。 薄く塗れば当然防御機能は衰えます。 かと言って記載されている量を使用し、真っ白すぎる肌でいるのは辛いものです。 なのでその場合は2~3時間おきに日焼け止めクリームを塗り直すのが良いでしょう。

今は耐水性のものが多く出回っており、海やプール、アウトドアなどでも活躍しています。 ですがいくら耐水性といっても1日中続くわけではありませんので、頻繁に塗り直した方が良いでしょう。 また日焼け止めクリームでも人によっては皮膚炎を起こす可能性があります。 必ず目立たない部分で試し塗りをする事が大切です。

日焼け止めクリームはそれ自体、あまり容量がある訳ではないので無くなりやすいです。 なので安価な日焼け止めクリームを使いがちですが、効果や安全を配慮すると、大手メーカーのものを使用したほうが安全なのではないでしょうか。

紫外線は1年中出ていますが、4月から5月にかけて本格的に強まりだします。 早めに日焼け対策を行いシミやそばかすのない、綺麗な肌でいられるようにしましょう。

↑ PAGE TOP